Home

日向ITサポート株式会社

| Next»

今時繁盛するもの

nanden1_1.jpg
hamigaki.jpg
この二つはかなり売れています。
上はたれです(万能たれ)、下ははみがきです。
この二つには共通点があります。
どちらも、すでに多くの会社が製造していて多くの商品があることと、誰もが知っているここと、たぶん、どのご家庭にもあるものだと思います。
しかも、価格はたれは2倍近く、歯磨きは3倍近い値段です(製造元は製薬会社ですが、この歯磨が一番売れているとのこと)。
しかし、なぜか売れている。

たれの名前は「ナンデンゴたれ」。600本が30分で完売するやら、一箇所の売り場で20日で3800本などの記録を次々に達成し、5月にはテレビ朝日から連絡があり商品をタモリの番組で紹介していいかとのこと、放映の終わる頃から(夜中12時過ぎですよ)ネットでの注文が全国からきはじめて、その後は大手のスーパーやら、卸業者から扱わせてくれとの問合せが毎日のようにきています。
皆さんは「ああ、ここはついているからだよ」と思われるかもしれませんが、実はちゃんとした時代に合った法則に基づいているのです。
歯磨きもそうなんですが、この二つは、USP(ユニーク・セールス・ポイント)が確立されています。なんだUSPとはと思われるかも知れませんが、ここでは詳しい説明をすると本一冊くらい書かないといけませんのでここでとめておきますが、要は、すでに市場に出回っている商品でもこのUSPがあれば、まだまだ売上は上げられることが出来るのだということです。

そして、提供の仕方も大切です。
たれは、名前を時代にあった宮崎弁を取り入れ、しかも、わざとナンデンゴまではカタカナにしているところが味噌で、お客様によっては、どこか海外の商品ですかとの問合せをしてこられる方も出てきています(ここまでは予測してはいなかったのですが・・・)。また、親しみやすい顔を入れたことによって手に取っていただき易いようにしています。
歯磨きは、いま流行の光物を箱に使っています。綺麗だな〜と思わせることが本体商品の中身とは全く関係はないのですが手に取りやすくなっています。実際、観察してみると、手にとってみて、しげしげとその箱を眺めている方も少なくありません。
世の中が不安な情報が一杯だからこそ、このような「ほっと」するオーラを出している商品は受け入れてもらえるのだと思います。
3月に商工会議所主催のセミナーに来られた講師「ひびき」さんもパケージ、見せ方は大事だよといわれていましたね。

皆様の事業や商品もこのような戦略を考えておられますか?
値引き競争しなくていい、ちゃんと利益を取るためにも
USPや提供の仕方、そして、ブランディングはとても大事なことですよ(ブランディングは時間がかかるので、そのつもりで・・)。

弊社ではホームページの作成は二の次(勘違いしないでいただきたいのですが、ホームページはとても大事な広告ツールです)、貴店、貴社が業績アップできるかのご相談をさせていただきながら、宮崎活性化プロジェクトを実施しています。ご利用ください。
  • mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM blg_nucleus_comment as c WHERE c.citem=1757: Table './hpmz01/blg_nucleus_comment' is marked as crashed and should be repaired


    Warning: mysql_fetch_row() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /usr/home/mw2pkfw23t/www/htdocs/blog/nucleus/libs/COMMENTS.php on line 129
    Comments:

男と女の違い

私の知人で波動カウンセリングをしているのがいる。
彼の言うには、カウンセリングをして営業成績が伸びていたり
社内での出世が早くなったり、不動産がバンバン売れたりなどするのは男性。:hahaha:
言われたことを1週間くらいは覚えていて実行するが、それ以降忘れてしまって実行せず、なかなか自分の思いが実現しないのは女性、だそうだ。
これは一般的なことなので一概には言えないけれども、大まかに言えばそうなるのだそうだ。:cry:
しかし、困ったことには、結果が出ている男性は口コミをしてくれないという特性があり、彼の仕事のお客様は増えない、といったことが起きているそうだ。:ase:
で、もしこれを読んで興味がある方は
http://fleur.ocnk.net/page/5をご覧頂きたい。あなたの運が変わるかも知れませんよ。
今日はとても怪しい情報でした。:lol::**:
  • mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM blg_nucleus_comment as c WHERE c.citem=1469: Table './hpmz01/blg_nucleus_comment' is marked as crashed and should be repaired


    Warning: mysql_fetch_row() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /usr/home/mw2pkfw23t/www/htdocs/blog/nucleus/libs/COMMENTS.php on line 129
    Comments:

携帯からテストです

携帯から投稿のテストです
光はBBIQ

キャッシュバックキャンペーン中!
  • mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM blg_nucleus_comment as c WHERE c.citem=1257: Table './hpmz01/blg_nucleus_comment' is marked as crashed and should be repaired


    Warning: mysql_fetch_row() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /usr/home/mw2pkfw23t/www/htdocs/blog/nucleus/libs/COMMENTS.php on line 129
    Comments:

そこまでやるか。酒井さんからのメッセージ


『そこまでやるか!』


先日、旅行をしました。

現地では私が尊敬する方と駅で待ち合わせをしました。
その方と駅の近くで一緒に昼食を取り、
その方の車で宿まで移動することになりました。

車が動き出すとその方がこう言いました。
「そういえば酒井君、あのちりとてちんの落語の師匠さんの
名前はなんやったかな?」


その方は私がNHKの朝ドラで放映されていた「ちりとてちん」が
大好きなことを知っているのです。


私は答えました。
「草若(そうじゃく)師匠です。」

すると、その方はこう言いました。
「そうか、そうか!草若か。
で、その草若師匠の十八番(おはこ)の落語は何やったかな?」


私は答えました。
「愛宕山(あたごやま)です。」


私がそう答えるとその方は無言で
車内のCDプレーヤーの操作パネルを指で押しました。
すると・・・。


「ちゃかちゃんちゃかちゃんちゃか・・・・
え〜、ようこそのお運びで・・・。」


なんと!プレーヤーから愛宕山の落語が流れてきたのです。
もうビックリ!!


その方は落語の好きな社員の方からCDやDVDをたくさん借りて、
その中からわざわざ愛宕山の話を探し出し、今日のために前もって
準備してくださっていたのです。
しかも、ちりとてちんの手ぬぐいのプレゼントも。

rakugo.jpg

その方は経営者としても有名な方です。
私よりもずっとずっと人生の先輩です。


私は『そこまでやるか!』の気配りにチョー感動しました。


その方の経営哲学の一つは
「そこまでやるかと思われるくらいお客さまに尽くす。」
です。


言行一致の経営絵哲学を垣間見た瞬間でした。
  • mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM blg_nucleus_comment as c WHERE c.citem=1128: Table './hpmz01/blg_nucleus_comment' is marked as crashed and should be repaired


    Warning: mysql_fetch_row() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /usr/home/mw2pkfw23t/www/htdocs/blog/nucleus/libs/COMMENTS.php on line 129
    Comments:

久々、Mrオ〜マエ

ohmae.jpg

●中国は、知的財産の基本すら分かっていない

 IT(情報技術)製品のソフトの設計情報開示を求める新制度を、
 中国が2009年から導入する計画を進めています。これを受け、
 日米欧の経済界が共同で懸念を表明する検討に入りました。

 ソフトの設計情報は、通常、知的財産権の保護対象となる
 機密情報であるほか、外国企業にとって貿易の障壁に
 なりかねないと再考を促すとのことです。

 この制度は過去に聞いたことがないほど身勝手な
 法律ではないかと思います。

 「ITセキュリティー製品の強制認証」という名目のもとで、
 中国政府主導で外国企業に対しIT製品を制御する
 ソフトウェアの設計図の開示を要求するというものです。

 対象となっているソフトウェアの範囲は「基本ソフト(OS)
 一体型の製品」「ネットワーク監視システム」など13分野に
 及ぶとのことです。

 パソコンはもちろんのこと、デジタルテレビ、携帯電話
 といったかなりの広範囲の家電製品がその影響を受ける
 ことになると思います。

 外国企業が中国政府に対して情報を開示しない場合には、
 中国国内での販売を禁止するというのですから驚きです。

 建前上は「中国政府に対して」開示するといっても、
 例えばIC技術などの専門的な設計図を政府の役人が見ても
 理解できるわけはありません。

 必然的に中国のメーカーに持ち込まれ、外国企業が持つ
 技術情報が中国企業に渡るということになるのは
 目に見えています。

 中国政府は「ITセキュリティー製品の強制認証」のためなどと
 言っていますが、私に言わせれば、
 中国側が「IP(Intellectual Property)=知的財産」というものを
 基本的に理解していない、ということに過ぎません。

●いかに巨大な中国市場とはいえ、このままでは世界から無視される

 同じようなケースとして、米マイクロソフトが反トラスト法
 違反について欧州委員会と争っていたことを思い出される人も
 いるかも知れません。

 2004年に独占禁止法違反の判決を受けたマイクロソフトは、
 2007年欧州委員会の是正指示に従うことに合意しました。

 そして、「オープンソース・ソフトウェア開発者に互換性情報を
 提供し、その利用を許可する」、「技術情報の提供料を、
 1万ユーロに引き下げ、支払いを1回限りとする」といった
 是正措置が実施されることになりました。

 しかし、今回のケースでは対象となっている企業の状況も
 マイクロソフトが置かれていたものとはかなり違いますし、
 何より中国政府と欧州委員会では真の目的が
 全く違うところにあると思います。

 中国政府が提言している法律は、欧州委員会の是正措置とは
 比べるべくもない「暴挙」と言っても過言ではない代物です。

 中国がこのような態度に出るのは、自国のマーケットに
 それだけの「自信」があるからだと思います。

 業界団体の試算によると、日本企業の対象製品は現在の
 中国国内での売上高で1兆円規模に上る可能性がある
 とのことですが、欧州や米国にしても中国は無視できない
 大きな市場になっていることは確かです。

 しかし、例え中国といえども、自国マーケットへの自惚れが
 過ぎると「致命的」な結果をもたらすことになってしまうと
 私は思います。

 例えば、中国産の食品や玩具製品などに対する不信感への
 対処として、米国では中国製品の使用を止める「China-Free
 (チャイナ・フリー)」という現象が起こりました。

 中国がこのような身勝手な法律を押し通そうとするなら、
 あらゆる業界で「China-Free(チャイナ・フリー)」現象が
 発生するかも知れません。

 さらには、中国市場での売上を失っても構わないから
 中国への輸出も取りやめるという国も出てくるでしょう。

 そのような事態は中国にとっても致命的です。

 今年8月、中国が独占禁止法を施行したときにも、
 中国政府に対する不信感が強まりました。

 しかし、今回はそれ以上です。

 世界の中でも無視できないほどに大きく成長した中国市場
 だからこそ、中国は本当の意味での競争原理とは何か、
 そして規制とは何かということをしっかりと考えてもらいたい
 と思います。

          以上
  • mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM blg_nucleus_comment as c WHERE c.citem=1110: Table './hpmz01/blg_nucleus_comment' is marked as crashed and should be repaired


    Warning: mysql_fetch_row() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /usr/home/mw2pkfw23t/www/htdocs/blog/nucleus/libs/COMMENTS.php on line 129
    Comments:

Mr酒井さんからのメッセージです


ブログでも何度かアップしましたが9/19〜9/21まで地元で開催されていた
第60回全日本総合女子ソフトボール選手権大会を観戦に行きました。

想像の10倍以上面白かったため
結局、ほとんどの試合を観戦してしまいました。

決勝戦は雨の中、午後6時45分プレイボ〜〜〜ル!
ともに北京オリンピックで活躍した上野投手(ルネサンス高崎)と
坂井投手(太陽誘電)の先発で試合が始まりました。

softball.jpg



試合は両チームとも7回まで0対0の緊張感溢れる投手戦。
結局、延長8回、逆転、サヨナラタイムリーヒットを放ったルネサンス高崎が勝利し、
見事に大会6連覇を達成。
歓喜のチームの輪で宙に浮かぶ宇津木監督の姿が印象的でした。


試合を観戦しながら感じたことがいくつもあったのですが、
その一つが
『一流の人は自分の仕事を淡々と、黙々とこなすなあ』
ということ。

上野投手は相手チームの攻撃が2アウトになると必ず
ブルペンに出て投げ込みを開始する。
しかも、試合はほとんど見ていない。
自分のやるべき仕事に毎回同じペースを保ち集中しているように見えました。

坂井投手も同じ。
毎回、同じタイミングでブルペンに現れて
ゆっくりとしたボールを相手のグローブ目掛けて淡々と投げ込みます。

試合中にヒットを打たれても、
ピッチャーゴロを処理して雨で足が滑って転んでも、
満塁になっても、
観客からヤジが飛んでも、
雨がひどく降り始めても、
審判の判定が微妙でも、
また同じタイミングで淡々と投げ続けます。
そして、両投手とも何度も何度もピンチをしのぐ。


自チームの攻撃になると打線が点を取ってくれる事を信じて
自分はただひたすらブルペンで投げ込みをして肩の調子を保つ。
でも、例えその回に点が取れなくてもクサらない。
ガッカリした様子を見せない。

毎回、同じようにマウンドに走って行き、
同じ動作を繰り返し、また投球に入ります。

延長戦に入ってもその姿勢はずっと同じ。
どんな状況でも淡々と、黙々と自分の役割を受け入れて、
常に今の自分のベストを尽くす。
勝敗は時の運。


決勝戦での両投手の姿を見て
そんなことを感じました。


みんな20代そこそこの人ばかりなのに
教えられること、気づかされたことが大いにあり、
プレーヤーのみなさんの真剣な姿勢に感動した3日間でした。


みんなを見習って私も愚痴らず、腐らず、あきらめず、
自分の仕事を淡々と、黙々と今日も自分のベストを尽くそう!っと。
  • mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM blg_nucleus_comment as c WHERE c.citem=1090: Table './hpmz01/blg_nucleus_comment' is marked as crashed and should be repaired


    Warning: mysql_fetch_row() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /usr/home/mw2pkfw23t/www/htdocs/blog/nucleus/libs/COMMENTS.php on line 129
    Comments:

私が握り締めていたもの

今回も酒井としおさんのメールから

------------------------------------------------------
週末にあるお店にお邪魔してきました。
以前にも書いたことがあるのですが、ここは雑誌「商業界」で日本の繁盛店のひとつに選ばれた有名店です。


扱っている商品は「お箸」です。
前回お伺いした時に自分や家族、親族分のお箸は全て購入したので、今回は買う予定がありませんでした。


しか〜し、店内に入って5分経ち、10分経り、20分経つと私は手に何膳ものお箸を握り締めていました。

『あっれ〜、今日は買う気が無かったのに・・・。
なんで、オレはこんなに箸をもっているんだ???』
自分でも不思議な感じでした。
しばし、考えこみました。


「なぜだ?ナゼダ?何故だ?
ナゼこんなに箸が欲しくなるのだろう??」


その時に考えたこと。


このお店は伝統工芸品のお箸が整然と値段順にずら〜っっと並べられている
フツーのお店ではありません。

このお店のお箸にはそれぞれに意味があるのです。


ある棚には「合格祈願箸」があります。
お箸の断面が五角形なのです。つまり五角→ごかく→ごうかく→合格。
このお箸を見た瞬間に、私は甥っ子が来年高校受験である事を思い出しました。
甥っ子は遠くに住んでいるので私は何もしてあげることができませんが、
「がんばれよ〜」という思いをこのお箸で伝えたいと思いました。


別の棚には「長寿箸」があります。
このお箸を見た瞬間に、私は近所に住む「あたしゃ幸せだよ」が
口癖のおばあちゃんを思い出しました。
私はおばあちゃんにこのお箸を渡して「もっともっと長生きしてね」と伝えたくなりました。


次の棚には「宝くじ当選箸」があります。
このお箸を見た瞬間に、私は知人の宝くじが趣味の友だちを思い出しました。
彼はなかなか宝クジに当たりませんが、このお箸は彼にプレゼントしたくなりました。
きっと喜んでくれるはずです。


別の棚のお箸のPOPには
「ご先祖様にも新しいお箸を・・・」
と書かれています。

ohashi.jpg

私は「あ〜、そうだな。仏壇にもお箸を添えるとご先祖様も喜んでくれるかな。」と思いました。

別の棚には緑と白と赤で着色された長いお箸があります。
スパゲティを掴み易い箸です。
「そ〜いえば、来月イタリアに住む義妹が来るんだった。
これをイタリアの家族みんなにプレゼントしたら喜ぶかな。」と思いました。


こういったお箸が店内のいたるところにあるのです。
その店内を見て回っているうちに
私は買う予定のなかったお箸を何膳も握り締めていたのです。


その時に私はお箸を握り締めてはいましたが、
本当に私が手にしていたものは親戚への挨拶や願い、知人への激励、
楽しさ、夢なんだなあ、だからいくつあってもまた買うんだ!
と思ったのでした。


このお店は商品ではなく、
思いや願い、楽しさや夢、幸せを品揃えしているのかもしれませんね.
-----------------------------------------------------------

日本一の大商人、斉藤ひとりさんの言葉で商売は「あきない」というけれども、商人が飽きないのではなく、お客が飽きないようにしなくてはならない。そして、商売は楽しんで、幸せを感じてもらえるようにするとその店は繁盛すると言っていました。
こういうお店がその一つだろうと思います。
近くの安売り店に行くより、わざわざ何キロも離れた店に来てもらえる、そんな店にならなくては!!と思うのは、私ひとりじゃないと思います。

商売は:lol:と感謝ですよ。
  • mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM blg_nucleus_comment as c WHERE c.citem=1025: Table './hpmz01/blg_nucleus_comment' is marked as crashed and should be repaired


    Warning: mysql_fetch_row() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /usr/home/mw2pkfw23t/www/htdocs/blog/nucleus/libs/COMMENTS.php on line 129
    Comments:

| Next»

More...

Home

Search
Feeds

Page Top

<%AccTags()%>