Home > Archives > April 2009

April 2009

校長のときどき日記

「やめられないもの…」

CIMG3251.JPG

今、全国のたくさんの公共の場所や、施設で全面的に「禁煙」になりつつあります。:roll:
私自身は、29歳頃までは喫煙していましたが、二男・三男が双子で生まれた時を機会に、煙草を止めました。それ以来ですから、禁煙歴33年程になりました。:|

お酒も飲みませんし、ギャンブルに類することも一切やりませんので、「先生は一体何が楽しみなんですか?」と真顔で聞かれることがあります。自分としては、結構多趣味で、楽しみも多いつもりなのですが…。:ase:
ところで、「あなたは意志は強い方ですか」と聞かれたら多分「強い方でしょう」と私は答えると思います。その私が煙草はやめられても、どうしても止められないものが一つあります。それは珈琲を飲むことです!:-D

18歳くらいで珈琲の味や香りを知ってから今日まで、何故か飲むことをやめられません。
例え、本格的なドリップ式でなく、150g○○円のインスタント珈琲をあわただしく飲まなければならないような忙しいときでも、一口、二口と飲むと心がスッと落ち着きます。8-|

何故なんでしょうね?「不思議だな」と心の中でつぶやきながら今日も一杯…飲んでいます。:mrgreen:

校長のときどき日記

「教えることは、教わることなり?!」

1238572432.jpg

校長になる前は、私も自動車学校の指導員、検定員として現場で教習に携わった経験があります。8-)

当時の朝礼で職員全員で唱和していた言葉の一つに、次のような一節があります。
「教えることは、教わることなり。」という言葉です。まだ経験の浅い頃は、その言葉の意味を理解できませんでした。:roll:

段々と経験を積み、人並みに指導方法等で悩んだりする頃になって、ようやくその「教えることは、教わることなり。」という言葉は、教習生の方にアドバイスしたり、アドバイスしたことをお手本となって実行しようと努力したり、アドバイスをするために色々なことを勉強したりすることで、教える方の指導員も成長して行く、と言うことなんだなと思うようになりました。8-|
あれから数十年…立場は変わりましたが、「教えることは、教わることなり。」の心は何時も忘れないようにしようと思っています。

More...

Home > Archives > April 2009

Search
Feeds

Page Top

<%AccTags()%>